Profile
及川 禅:サイケデリックギター 
zen-oikawa :psychedelic guitar  ex'SPACE MANDALA ,Be-2  

サイケデリックの伝承者 及川 禅
幻のゴア・ライブ 伝説のサイケデリックギター 及川 禅
photo makoto fkuda
「平和の槍・PEACE SPEAR」
2000年から完全なるソロ・ギター・ワークスとしてライブを展開している。
すべての演奏を一人で演奏する為の楽曲を新たにアレンジし直し、
使用する楽器群も、自ら考案したオリジナルのハンドメイド機を制作。
フルアクティブ・ピックアップ、サウンドカッター、ハム・ジェネレーターなど
サイケデリック・ギタリストとしてのサウンド追求の結果生まれたエフェクターを
即興のフィールドで開発しながら演奏している。自作サイケデリックギター「平和の槍・PEACE SPEAR」も使用。レイブ、クラブなどでDJブースでのソロ・ギター「トランセンデンタ・リズミクス(トランス組曲60分)など演奏。
及川禅 ソロ・ギター・ワークス ZEN OIKAWA SOLO GITAR WORKS
2005「マンダラ・スケイプス」MANDALA SCAPES
2005「マンダラ・スケイプス」曼陀羅と言霊をテーマに作曲。映像と音楽と言葉の織り成す独特の無限感と宇宙感が見る者に感動を呼び起こす作品。メロディとシンクロする映像美と曼陀羅の持つ神秘力が圧倒的サウンドの洪水の中でめくるめく。ディジュリデュ&PC演奏:吉田マコト、FILM・VJ:泉紀行、PC映像:増田純、作曲、演奏、映像編集:及川禅

及川禅プロジェクト実行委員会について

当委員会は及川禅(ギタリスト・作曲家・プロデューサー)の活動を支援する目的で設立されました。
20038月初演の「奏舞楽(かなまいらく)」に続き、同年12月には新作の「ビジュアル・サイケデリカ」
(即興演奏とコンピュータ映像のシンクロ作品同年12月初演)を発表するなど、活動の幅を広げています。

戻る
Dance Y Funaya  Photo Z Oikawa
Photo e
Butho S Asuka   Photo K Izumi
dance R Bessho  Photo O Miyajima
ビジュアル・サイケデリカは、映像監督、映画音楽監督としても、
作品を残し続けている、及川禅のソロ・ギター表現の一つのカタチである。
常に映像と音楽を通してメッセージを伝えようとする明確な意志が
ここにある。
この「ビジュアル・サイケデリカ」は即興演奏とコンピュータ映像のシンクロ
をテーマに、VJソフト開発者「増田純」との共同開発による、デジャヴ的
千手観音映像による実像と虚像とのパフォーマンスなど、
見るものを現実から引き離し忘れていた大切な何かを、
思い起こさせる作品である。
「ビジュアル・サイケデリカ・2004」(ジミ・ヘンドリックスに捧ぐ)は、より
ロック色が濃厚になり、及川禅のメッセージの意味が明快になっている。


ビジュアル・サイケデリカ Project of VISUAL PSYCHEDELICA
奏舞  Project of THE SOUBU
奏舞(soubu)とは、ギタリスト及川禅による
音楽と舞の根源を求める作品である。
一人の奏手と一人の舞手だけによる、
奏(music)と舞(dance)の世界である。

奏舞組曲「奏舞楽」(kanamairaku)は古代、神話の時代に
日本の奏(music)と舞(dance)は一つであったことに由来する。
神の御前で琴を弾奏するは宇宙の成す技の霊威であり、
そこに舞うことは肉体の存在を超えうる、交歓である。
奏手(kanate)と舞手(maite)の創り出す技を通して
人格転換(トランス).憑霊(ポゼッション)、脱魂 (エクスタシー)という超常の世界をも表現しながら、
奏と舞の一体の美を、そして人間の心象を奏舞する美しい作品である。

zen oikawa projects